本当にあった怖い話「小学校の頃の歌本」

スポンサーリンク

僕はたまたま寄った古本屋で、

小学校の時に使ってたのと同じ歌の本を見つけた。

あまりにも、
懐かしい気分を感じ、
その本を思わず購入。

「あの青い空のように」
「グリーングリーン」

といった、
当時自分が好きだった歌が、
昔と変わらず掲載されていた。

それを家に持ち帰り、
懐かしみながら1曲1曲、
歌ってみた。

そして、
ページをめくると、
当時一番好きだった歌

「気球に乗ってどこまでも」

を見つけた。

まだ残っていることに、
嬉しさがこみ上げたが、
そのページの右下には余白があり、
そこにいたずら書きがされていた。

その絵は、
いかにも小学生が書きました、
といったタッチで、男の子と女の子が描かれていた。

男の子には
「さとしくん」とあり、
背中には数字の3。

女の子の方には何も書いてなかった。

僕は少しニヤけてしまった。

僕の名前もさとしだったからだ。

ふと気になり。

購入した歌本の名前を見てみた。

そこには、
元々、この本の持ち主と思わしき人の名前が、
薄っすらと書かれていた。

ハッキリとは読み取れないが、

〇下×子

と書かれていた。

小学生の時、
それと似た名前の女の子が、
クラスに二人いた。

一人は、

木下洋子。

もう一人が、

竹下敦子。

木下の方は名前は覚えているものの、
顔は全く思い出せなかった。

もう一人の竹下。

この女の子のことは、
今でも覚えている。

なぜなら、
その女の子は、
僕の初恋の相手だったからだ。

そして僕は、
あることを想像して、
少しドキっとした。

この歌本を買った古本屋も、
当時通っていた小学校から遠いのも、
こんな本は日本中、どこにでもあることも分かっている。

でももし、
僕の初恋の相手、
竹下敦子が、小学校当時、
僕のことを想い、落書きしていたのだとしたら。

なんだか、
甘酸っぱい気持ちになりながら、
次のページを開いた。

そこには

「大きなのっぽの古時計」

が掲載されていた。

そして、
そのページの余白にも、
先ほどと同じように落書きがされていた。

男の子と女の子が、
テーブルで一緒にご飯を食べている絵だった。

テーブルには、
ご飯とお味噌汁、
そして、お魚が描かれていた。

更にページをめくると、

そこには、
男の子と女の子、
そして赤ん坊の絵が描かれていた。

次のページでは、

これまでと同じように、
男の子と女の子が描かれているが、
女の子の方の顔がぐちゃぐちゃに、
黒く塗り潰されていた。

自分でやったのだろうか。
それともイジメにあったのか。

次のページには、

男の子は描かれておらず、
一人女の子が泣いている様子が描かれていた。

そして、
テーブルの上には、
虫のようなものが描かれていた。

一体、この絵は何なのだろうか。

どんどん引き込まれていく。

次のページには、

男の子も女の子もそこにはおらず、
葬式の祭壇のようなものだけが描かれていた。

この絵を描いた人は、
一体何を考えていたのか。

そして、次のページをめくると、
そこには何も描かれていなかった。

つまり、
さっきの葬式の絵が最後だった。

ふと気になり、
小学校の頃のアルバムを引っ張りだしてみた。

初恋の相手、竹下敦子。

小学校の頃とは言え、
初恋の相手。

今でも見ると、
多少は胸がドキドキする。

そして、もう一人、
木下洋子を探す。

しかし、
木下洋子という人物は、
卒業アルバムのドコを探しても、
写っていなかった。

おかしい。

自分の記憶が確かなら、
木下洋子という生徒がいたはず。

あまりにも気になったので、
当時PTAで役員をやっていた母親に、
木下洋子について聞いてみた。

すると、

「覚えているわよ。でもあの子…
5年生の時に、亡くなったでしょう。事故で」

そうだ。

確か、同級生の子が一人、
事故で亡くなっており、それが木下洋子だった。

しかし、母親は続けてこう言った。

「でも、本当は事故じゃなくて、首つりだったらしいわよ。
それを変な噂が立たないよう、事故扱いにしたんだって。」

初耳だった。

そして、嫌な予感がした。

すぐさま、
同級生の田中に電話を掛け、
当時のことを覚えているか聞いた。

すると田中は、

「覚えているよ。」

と言った。

そして、田中も、
木下の死の真相について知っていた。

「そんなことよりも、お前って未だに巨人ファン?
子供の頃、いっつも長嶋監督の背番号3番の服着てたよな。」

背筋がゾッとした。

この本は、間違いなく木下洋子のものだ。

そして、
書かれていた男の子は、
間違いなく僕。

田中「俺たち…あの子にいつも悪さしてたよな。」

僕 「え?」

田中「覚えてない?顔に墨汁ぶちまけたりさ。」

田中「お前なんか、あの子の給食に毛虫入れてたろ。」

僕 「俺が?」

田中「あぁ」

僕はすっかり忘れていた。

小学校の頃、
僕が友達と、木下洋子にしたことを。

そして、木下洋子が亡くなっていたことを。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする