怖い話、実話「女性に憑くヤマノケ」

スポンサーリンク

一週間前の話。

娘を連れて、ドライブに行った時のこと。

山道を進んでいた途中、
ドライブインでご飯を食べた。

その後、
娘を驚かそうと思い、
舗装されていない脇道に入り込んだ。

娘が怖がる様子が面白く、
ドンドンと奥へと進んでいった。

すると、
急に車のエンジンが停止した。

山奥で携帯の電波も届かず、
車の知識もない。

途方に暮れてしまったが、
だいぶ奥まで来てしまったこともあり、
歩いて引き返すとなると何時間掛かるか。

時間も遅い。

しょうがないから、
その日は娘と二人で車中泊をし、
翌朝、歩いてドライブインまで戻ることにした。

車内で寒さを凌ぐうち、
辺りは暗くなった。

夜中の山は明かりもなく、
音もしない。

そのまま時間だけが過ぎて行き、
娘も付かれて助手席で眠ってしまった。

俺も寝るか。

そう思い、眼を閉じると、
何やら聞こえて来る。

声なのか音なのか、
良く分からないが、

「テン、ソウ、メツ」

と、何度も繰り返して聞こえる。

最初は、
耳鳴りか何かだと思っていたが、
目を瞑っている間にも、
その音はドンドン近づいてくる。

たまらず俺は目を開けた。

すると、
白くのっぺりとした”何か”が、
不気味な動きをしながら、
車に近づいてくる。

あまりの恐怖に、
叫びそうになったが、
なぜかその時は、
隣で寝ている娘を起こさないようにと、
変な気が回り、叫ぶことも逃げ出すことも出来なかった。

そんな俺の気持ちをよそに、
その謎の物体は、ドンドンと車に近づいてくる。

しかし、車の近くまで来るとそいつは、
車の脇を通り過ぎて行った。

その間もずっと
「テン、ソウ、メツ」という、
音が耳に響いていた。

そして、
音が遠ざかって行き、
後ろを振り返ってみても、
そいつの姿がなかったので、
娘の方に向き直った

すると、
そいつが助手席の窓にいた。

近くで見ると、
そいつは胸のあたりに顔が付いていて、
恐ろしい顔でニヤニヤ笑っていた。

俺は、恐怖を通り越し、
娘に近づくそいつに対して、
怒りが湧いてきた。

「この野郎!」

俺がそう叫ぶと、そいつは消え、
俺の怒号にビックリしたのか、
娘が飛び起きた。

俺は娘に謝ろうと、
娘の方に顔をやると、

「はいれた、はいれた、はいれた、はいれた、
はいれた、はいれた、はいれた、はいれた。」

と、娘がブツブツ言っていた。

ヤバイ。

俺は、直感でそう思い、
一刻もこの場を離れるため、
ダメ元で車のエンジンをかけた。

すると、車のエンジンがかかった。

すぐさま俺は、
車を発進させ、その場を後にする。

その間もずっと娘は、
ブツブツつぶやいていたが、
どうすることも出来ず、

とにかく、
人通りのある所に出ようと思った俺は、
一心不乱で車を走らせた。

ようやく町の明かりが見えてきて、
少しだけ安心したが、

娘のつぶやく内容が、
「はいれた、はいれた」
から、
「テン、ソウ、メツ」に変わっていた。

そうつぶやく娘の顔も、
全く別の生き物のようだった。

どうすれば良いか分からなかった俺は、
何を思ったのか、目についた寺に駆け込んだ。

まだ夜中だったが、
明かりが灯っていたので、
俺は娘を引きずりながら、
呼び鈴を鳴らした。

すると、
住職らしき人が現れ、
娘の姿を見るやいなや、
驚いた顔をしながらも、

「何があった?」

と、俺に言ってきた。

俺は事の顛末を住職に話すと、
少し残念そうな顔をしながら、

「気休め程度にしかならないが」

と言いながら、

御経を上げ、
娘の肩や背中をバシバシ叩き出した。

その後、
まだ暗いこともあり、
住職が泊っていけと言うので、
泊めてもらうことにした。

その間も、
娘は変わらず、ずっとブツブツ呟いている。

住職から、
娘は「ヤマノケ」というモノに憑かれたらしく、
49日経っても、まだこの状態が続くのであれば、
一生このまま、正気に戻ることはないのだと言われた。

そして、
そうならないために、
娘を預かり、なんとかヤマノケを追い出すよう、
努力をしてみる、

そう住職から言われた俺は、

妻に電話をし、
嘘みたいな話だったが、
なんとか信じてもらった。

更に住職が言うには、
「ヤマノケ」は女性に憑依するらしく、
もしあのまま家に帰っていたら、
妻にも被害が及んでいたという。

その日から一週間。

娘は、未だに住職の元にいる。

俺は毎日様子を見に行っているが、
もうあの頃の娘の面影はなくなっていた。

ずっとニヤニヤした顔で俺を見るその姿に、
娘ながら、俺は恐怖を覚えていた。

いつになった娘は元に戻るのだろうか。

もしかしたら、一生戻らないのかもしれない。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする