金縛りにあった私にすり寄って来たモノは…

スポンサーリンク

5年以上前の夏の夜の話です。

それまで私は、幽霊やその類をしっかり認識した事はありませんでした。

ただ、何となく気味が悪い、好きじゃない場所は、曰く付き、という様に何となく…と言った感じです。

前にも述べた、夏の晩、時間ははっきりとしていませんが深夜です。

何となくふと目が覚めました。

寝返りをうった瞬間に金縛りにあいました。

まるで、大きいサランラップで全身を押さえ付けられる様な強い力に驚き、そのままうつ伏せになりました。

これが金縛りかぁ。脳味噌が寝ぼけてるとなるんだっけ?

等と信じられないくらい呑気に考えていました。

人生初めての体験だ!と舞い上がってもいました。

そんな時、ベッドの足元の布団の角に、ズッと重いものが乗った感覚がありました。

あぁ、飼い猫が来たんだ。

そう思いました。

飼い猫は私に良く懐き、夜中でも遊びに誘って来る困ったヤツです。

同時に気付きました。

「あれ?寝る前に、部屋のドアを猫が開けられない様にしっかり閉めたよな。」

「じゃぁ、コレは何なんだ?」

身体中に恐怖が走りました。

得体の知れない「何か」は一歩一歩私の頭に近づいて来ます。

布団に乗る重さは人より軽いのです。

犬?猫?何?パニックになりながら思い当たるものがないか考えますが、動物好きの私には何もありません。

そうこうしている間に背中にひとつ手が乗りました。

ズッと石の様に重く鈍い痛みもありました。

その瞬間、狐だ。と何故か頭によぎりました。

狐は、そのまま私の耳元に口元を寄せました。

耳は、ザーッとまるでチューニングの合わないラジオの様に煩く、その奥に何か声が聞こえます。

何か言っています。

聞きたい。

何を言っているんだろう?

でも、理性が警鐘を鳴らしています。

聞いたら最後だと。

ごめんなさい。私には何もできません。ごめんなさい。許してください。

何度も頭の中で繰り返しました。

すると口元はスッと離れ、背中の手も離れ、一歩一歩元来た道を下がっていきました。

狐がベッドからスッと降りると、金縛りがフッと解け、解放されました。

そのまま怖くて頭まで夏掛けを被って震えていたら、いつのまにか寝てしまいました。

朝、ドアを見ると、キッチリ閉まっていました。

そのまま半泣きで家族に話しましたが、誰も信じてくれません。

あれは一体何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする