意味が分かると怖い話「押入れの包丁女」解説付き

スポンサーリンク

ある所に、
一人暮らしをしていた大学生の男がいた。

その男は、
ごく普通のアパートに住んでいたのだが、
たまにおかしなことが起こった。

大学から帰ってくると、
カーテンの形やゴミ箱の位置などが、
微妙に変わっていたのだ。

それに加え、

最近は、
誰かにつけられている様な気もしていたその男は、
流石に気味が悪くなり、友人に相談することにした。

男は友人に、
警察に相談しようか迷っていると話したが、
その友人は、

「なら、大学に行っている間、
ビデオカメラで部屋を隠し撮りしておいて、
もし、ストーカーが部屋に入っていたら、
そのテープを持って、警察に行けば良いんじゃない?」

と、語った。

その男は早速、
翌日に自分の部屋にカメラをセットし、
録画状態にしたまま、大学へと行った。

そして、
大学から帰って来た男は、
久しぶりに部屋に違和感を感じた。

これは、もしかしたら、
何か映っているかもと思い、
早速、録画しておいたカメラを止め、
確認することに。

最初の方は特に何も映っていなかった。

「なんだよ、俺の勘違いかな。」

そう安堵しかけたその時、
カメラから知らない女性が、
部屋に入ってくる映像が流れていた。

しかも、その手には包丁が。

あまりの恐怖に驚いた男は、
すぐさま友人に電話を掛け、

「マジで映ってた!やべー。」

と、若干興奮気味に友人に、
映像を見ながらその女の行動を逐一報告した。

ゴミ箱を焦ったり、
服の匂いを嗅いだり、

今まで感じていた部屋の違和感の正体に、
背筋が凍る思いにもなったが、

これで警察も動いてくれるはず。
そう思った男。

そして、
映像の中の女は、
部屋の押し入れに入って行った。

「こいつ、マジか。
押し入れの中まで漁っているのか。」

友人と電話をしながら、
中々出てこないな、などと言っていると、

映像の中で、
今度は、別の人物が、
部屋に入って来た。

その瞬間、男は声を詰まらせた。

なんと、
その映像に映っていたのは、
自分だった。

そして、
おもむろにカメラを手に取り、
録画を止めた自分。

そこでビデオは終わっていた。

【解説】

部屋に入って来た女が、
押し入れに入った後、

出て行くことなく、
自分が部屋に戻って来たということは…

その映像に映っていた女は、
まだ包丁を持ったまま、
部屋の押し入れに入っているということ。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする