背筋も凍る怖い話「八尺様」

スポンサーリンク

親父の実家は、自宅から車で二時間弱くらいのところにある。

農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、
高校になって、バイクに乗るようになると、
夏休みとか冬休みなんかには、よく一人で遊びにいっていた。

じいちゃんとばあちゃんも
「よく来てくれた。」
と、喜んで迎えてくれたしね。

でも、最後に行ったのが、
高校三年に上がる直前だったから、
もう10年以上もいっていないことになる。

決して、
「行かなかった」のではなく、
行けなかったんだ。

それは、春休みに入ったばかりのこと。

いい天気に誘われて、
じいちゃんの家に、バイクでいったんだ。

まだ寒かったけど、
じいちゃんの家の庭先で、しばらくくつろいでいた。

そしたら、

「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ…」

と、変な音が聞こえて来た。

機械的な音じゃなく、
人が発しているような感じがした。

それも、
濁音とも、半濁音とも、
どちらにもとれるような感じだった。

何だろうと思っていると、
庭の石垣の上に、帽子があるのを見つけた。

石垣の上に置いてあったわけじゃない。

帽子は、
そのまま横に移動し、
垣根の切れ目まで来ると、
一人女性が見えた。

まぁ、帽子はその女性がかぶっていたわけだ。

その女性は白いワンピースを着ていた。

でも、石垣の高さは、
二メートルくらいある。

その石垣から頭を出せるって、
どれだけ背の高い女性なんだ。

驚いていると、
女はまた移動して、
視界から消えた。

そしていつのまにか、
「ぽぽぽ」という音も、
聞こえなくなっていた。

その時は、
その女性が、厚底のブーツを履いていたか、
背の高い男性が女装していたか、
ぐらいにしか思わなかった。

その後、
居間でお茶を飲みながら、
じいちゃんとばあちゃんにさっきのことを話した。

「さっき、庭先で、大きな女性を見た。
男が女装でもしてたのかな。」

その時は、

じいちゃんも、ばあちゃんも、
大して興味のなさそうな、
素っ気ない返事だった。

でも、

「その女性、庭の石垣よりも背が高くて、
「ぽぽぽ」みたいな、変な音を出してた。」

そう俺が言った瞬間、
二人の表情が変わった。

その後は、

「いつ見た」とか、
「ドコで見た」とか、
「どれぐらいの背丈だった」など、

じいちゃんから質問攻めにあった。

その気迫に押されながらも、
自分が見たままに正直に答えると、
じいちゃんは黙り込んで、どこかに電話を掛けだした。

少し離れた所で話していたので、
何を話しているのか、
はっきり聞こえなかったが、

ばあちゃんが、心なしか、
震えている様にみえた。

じいちゃんは電話を終えると、
俺に向かって、

「今日は家に泊っていけ。
いや、今日は帰すわけにはいかない。」

と言った。

その瞬間、何か気に障ることでも、
言ったのだろうかと思ったが、
思い当たるフシがなかった。

背の高い女を見たぐらいで、
何をそんなに焦っているのか、
理解が出来なかった。

するとじいちゃんは、

「ばあさん、後は頼む。
俺はAさんを迎えに行ってくる。」

そう言い残すと、
軽トラックでどこかに出かけていった。

俺は恐る恐るばあちゃんに、
一体何が起こっているのか聞くと、

「八尺様に魅入られてしまったようだ。
でも、じいちゃんが何とかしてくれる。
あんたは心配せんでええ。」

そう震えた声で語った。

ばあちゃんは続けて、

「この辺りには八尺様という厄介なモノがおっての。
その大きさは名前の通り、八尺もあるんじゃ。」

と言い、

俺が聞いた音は、
八尺様の笑い声とのことだった。

人によって、
八尺様の見た目は違うらしいが、

とにかく、背が大きいこと。
それと、薄気味悪い笑い声をしていること。

この二つは共通しているらしい。

それと、

八尺様は、
この地域のお地蔵様に封印されているから、
他の地域に現れることはないが、

この地域の人間は、
八尺様に魅入られると、
数日のうちに取り殺されてしまうということも、
ばあちゃんは語っていた。

最近は被害も出てなく、
最後に取りつかれて人が亡くなったのは、
15年も前の話なのだとか。

そんな話を聞いた俺だったが、
あまり怖さも感じなかった。

当然と言えば当然だ。

そんな話を信じるほど、
俺も子供ではなかったからな。

そうこうしている内に、
じいちゃんが、一人の老婆を連れて戻って来た。

「えらいことになったのう。
今はこれを持っておきなさい。」

老婆はそう言うと、
俺に御札を渡してきた。

その後、
じいちゃんと二人で二階へと、
上がって行って、何かをしている様子だった。

ばあちゃんは、
ずっと俺と一緒にいてくれて、
何をするにしても付いてきた。

正直、この辺から、
本当にやばいのでは、と思ってきたが、
俺にはどうすることも出来なかった。

しばらくすると、
俺は二階に上がらされ、
一室へと入れられた。

その部屋は、
窓が全て新聞紙で目張りされていて、
その上に大量の御札が張られていた。

四隅には盛り塩が置かれ、
木箱のようなものの上に、
仏像が乗せられていた。

更には、
どこから持ってきたのか、
子供が用を足す「オマル」が用意されていた。
「もうすぐ、日が暮れる。
明日の朝まで、ここから出るな。
わしもばあさんも、お前に話しかけることもなければ、
この部屋に来ることもない。」

「明日の朝7時。
その時になったら、この部屋から出ろ。
家にはわしから連絡しておく。」

あまりのじいちゃんの気迫に、
俺はただただ頷くしかなかった。

続けてAさんが、

「今の話を必ず守ること。
御札もずっと持っておきなさい。
何かあれば、仏像にお願いするんじゃ。」

と言った。

その後、
部屋に閉じ込められた俺は、
ただひたすら、布団にくるまっていた。

ばあちゃんが用意してくれた、
ご飯やお菓子も食べる気になれず、
恐怖で震えていた。

そうこうしている内に、
俺はいつの間にか眠りについていた。

ハッと目が覚めた時。

付けっ放しだったテレビを見ると、
深夜の1時過ぎだった。

どうせなら、
朝7時まで眠っておけば良いものの、
なぜか目が覚めてしまった。

嫌な時間に起きたな。

そう思っていると、
部屋の窓ガラスをコツコツと叩く音がした。

明らかに人が叩いているような音だったが、
きっと風のせいだ。

そう思い込むことにして、

気を紛らわせようと、
テレビの音量をデカくした。

そんな時、

「おーい、大丈夫か。怖けりゃ、無理するなよ。」

じいちゃんの声が聞こえてきた。

俺は思わず、
ドアに近づき、
ドアを開けようとした。

…が、その瞬間。

昨日のじいちゃんの言葉を思い出した。

「何があっても、部屋から出るな。
わしから話しかけることも来ることもない。」

俺は、ドアから離れた。

「どうした、出てきてええんじゃぞ。」

間違いなく、
じいちゃんの声に聞こえる。

それでも、
俺は、なんとなく、
その声がじいちゃんの声ではないと感じた。

怖くなった俺は、
すぐさま仏像の前に座り、
御札を握りしめ、

「助けてください。お願いします。」

そう心の中で、
必死に願った。

その時。

「ぽぽ。ぽ。ぽぽ。」

昨日聞いた、あの声だ。

そして、再び、
窓ガラスをコツコツと叩く音が聞こえた。

八尺様が、
手を伸ばし、窓を叩いているんだ。

俺は一心不乱に、
仏像の前に座り続け、
必死に願った。

「助けてください。お願いします。」

とてつもなく長い夜に感じた。

それでも、
ふと、気が付くと、
時刻は朝の7時過ぎになっていた。

どうやら俺は、
眠ったか、気を失ってしまっていたようだ。

なぜか、
部屋の隅に置かれていた盛り塩は、
黒く変色していた。

そして俺は、
恐る恐る部屋を出た。

すると、
そこには、心配そうな顔をした、
ばあちゃんの姿があった。

ばあちゃんは、
俺を見ると涙を流し、
安堵していた。

1階に降りると、
心配で駆け付けたのか、
親父も来ていて、外では、
じいちゃんが、俺を手招きしていた。

「早く車に乗れ。」

どこから持ってきたのか、
そこにはワンボックス車が1台あり、
何人かの男たちが集まっていた。

俺が車に乗ると、
ゾロゾロと他の男たちも車に乗り、
車内はパンパンになった。

「これからある所に向かうが、
お前は俺がいいと言うまで、目を瞑っていろ。
俺達には見えないが、お前には見えてしまうからな。」

そう隣に座る見ず知らずのおじさんが言った。

そして、
先頭をじいちゃんが運転する軽トラ。
次いで、俺を乗せたワンボックス。
最後尾に、親父が運転する乗用車、

という列で、走り出した。

なぜか、
車列のスピードは異常に遅く、
20キロ程度しか出ていないように感じた。

「ここが、踏ん張りどころじゃ。」

ワンボックスの助手席に座った、Aさんが、
そういうと、何やら念仏のようなものを唱え始めた。

「ぽぽ、ぽ、ぽぽぽ。」

あの声だ。

その瞬間、俺は、
Aさんからもらった御札を握りしめ、
下を向いたまま、眼を閉じた。

しかし、
怖いもの見たさからか、
俺は薄目を開けて、車の外を見てしまった。

すると…

車のスピードに合わせて、
並走するワンピース姿の女性がいた。

顔は車よりも高い位置にあり見えなかったが、
車を覗き込むような仕草を見せた。

「うわっ。」

俺は思わず声を上げた。

「見るな!」

そう隣の男が声を荒げた。

その瞬間、
俺は、すぐさま目をつぶり、
御札を強く握りしめた。

「コツ、コツ、コツ」

車の窓を叩く音が聞こえて来る。

周りの人たちも、
姿かたちは見えなくても、
その音だけは聞こえているようだった。

更に、Aさんが強く念仏を唱える。

やがて、
その音と声は聞こえなくなり、

「これで、切り抜けられたな。」

Aさんが小さく漏らした。

それまで黙っていた、
周りの人たちも、安堵の声を上げ、

「良かったな。」

そう俺に言ってきた。

そして、車列は、来た道を戻り、
親父とじいちゃんは、
来てくれた周りの男たちに、
深々と頭を下げていた。

彼らは皆、
俺や親父、じいちゃんと、
遠い血縁関係の人間らしく、

八尺様に、
魅入られた俺を、
カモフラージュするために、
集まってくれたらしい。

これはもう少し、
後になって知ったことだが、

最悪の場合、
親父かじいちゃんが、
身代わりになるつもりだったらしい。

それから数年経ち、
じいちゃんが亡くなった。

俺は、葬式に出たかったが、

「わしが亡くなっても、あいつを絶対に呼ぶな。」

そうじいちゃんが、
周りに強く言い聞かせていたため、
俺は葬式に出られなかった。

一度、
八尺様に魅入られた俺は、
またいつ取りつかれるかも、
しれない、というのが理由らしい。

しかし、
それから数年経ち、
恐るべき事実が判明した。

これは、
親父から聞いた話なのだが、
最近、八尺様を封じていた、お地蔵様が、
壊されてしまったらしいのだ。

これまで、
あの地域に閉じ込められていた、
八尺様が、自由になる。

もし、そうだとすれば…

一度、魅入られてしまった俺は、
一体どうなるのだろうか。

今のところは大丈夫だが、
またいつか、

「ぽぽ、ぽ、ぽぽぽ」

という声が聞こえてくる日が来てしまうのだろか。

恐怖で背筋がゾッとしたが、

俺には、
ただ、八尺様に魅入られないよう、
願うことしか出来ないのだ…

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする