「 心霊スポット 」一覧

広島県の岩国城の登山道に現れる落ち武者…|心霊スポット

広島県在住の30代女性です。

山口県寄りに住んでいるので、錦帯橋と岩国城には花見や花火大会等で毎年訪れています。

岩国城は山の上に建っています。

岩国城へはロープウェイで登る方法と、登山道を歩いて登る方法とがあります。

遊歩道的なゆるやかな道を小1時間登ります。

夜中に登山道入り口に近づくと、甲冑を着た落武者が現れると後輩から聞いた事があります。

ものすごい殺気を感じて、一定の距離以上は近く事が出来ずに逃げ帰って来たそうです。

城を守り無念にも死んでいった武士の幽霊なのでしょうか。

今も侵入者から城を守っているのかもしれません。

登山道入り口付近や登山道の途中には城主である吉川家の墓が点在しています。

日中、あちこちの墓に興味本位で訪れた事があります。

登山道途中の脇道をそれた所にあった壮大な墓では、かなり位の高い人に上から睨まれている気分になりゾッとした記憶があります。

吉川家の誰のお墓だったかは覚えていません。

昼間でも威圧感から息苦しくなった位なので、夜にはとてもじゃないけど近づけない!と思いました。

錦帯橋や吉香公園手前では夜にフラついても明るく賑やかで恐ろしさは全く感じません。

吉香公園奥の登山道入り口やお墓付近は昼でも息苦しくなる所があるので、夜中に落武者が現れて睨まれも不思議ではありませんよ。


奈良県にある生駒山での恐怖体験|心霊スポット

私が唯一心霊体験をしたスポットは、奈良県の生駒山です。

生駒山は山上に遊園地があり、夜景を見に行ったり、ドライブをする若者が多いのですが、私も夜に生駒山で心霊体験をしました。

その日は家族みんなで、生駒山の遊園地に出かけており、帰りは夜遅くになってしまいました。

車で出かけており、運転をしていたのは叔父でした。

仕事の関係で頻繁に生駒山に向かうことが多い叔父は、その辺りの道にとても詳しく、めったに道に迷うことはありませんでした。

しかし、その夜は少し様子が違っていました。

叔父は「道に迷った。」と言い出しました。

いつも運転しているはずの道なのに、なぜか目的地とは違う場所にたどり着いてしまいました。

初めの2〜3回は「えぇ〜!迷子なってるの〜?」などと言い、みんなで笑っていたのですが、そのうちに何度も違う場所にたどり着いてしまうので、徐々にみんな怖くなっていました。

ただ、怖い気持ちを口に出してしまうとよくない気がして、みんな何も言いませんでした。

街灯はほとんどなく、道が暗かったので、私たちの恐怖感は増してきました。

そして、黙ったまま運転を続けていた叔父が一言「目の前、墓地がある。」と漏らしました。

あまりにも暗かったので、わからなかったのですが、私たちが何度も何度もたどり着いてしまっていた場所は墓地だったのです。

私たち家族はあまりの怖さに言葉が出ませんでした。

その後なぜか無事に山を下りることができましたが、あのときの出来事を今でも忘れることができません。


滋賀県と福井県をつなぐ日本で最も長い信号|心霊スポット

滋賀県と福井県をつなぐ1本の国道にあるトンネルがあるのですが、このトンネルには日本で一番長いとも言われている信号がついています。

一度赤で止まったら5分以上は変わらないために長い間待たなくてはいけないんです。

しかもこのトンネルは一方通行のために途中でエンストなどをしてしまったらトンネル内にある避難場所へ移動しないと身動きができないくらいにとても狭いトンネルでもあるんです。

トンネル内も電気があまりついていないために薄暗く夕方を過ぎればほとんどこのトンネルを使う人がいなくなります。

この誰も通らないトンネルに日付が変わる12時ちょうどに通るとバックミラーに霊が映ると言われています。

怖いもの見たさの人には絶好のスポットかもしれません。


岡山県の八墓村のモデル「貝尾・坂本集落」|有名心霊スポット

「貝尾・坂元集落」(津山30人殺し事件跡地)ちょっとメジャー過ぎますが、岡山でここを語らずに他のところは語れない気がしたのでここにしました。

有名な「八墓村」のモデルとなった、日本の歴史史上最悪の津山30人殺し事件のあった地区です。

昭和13年に1人の若者が、地域に住む人たち30人を、2時間ほどの間に猟銃や日本刀で殺した後、自分も自殺をした場所です。

この地区は本当に小さな地区なのですが、事件から80年近く経っても、事件があった頃とほとんど変わらぬまま現在に至っているのが、また恐ろしいです。

殺人が起きて以降空き家になった家もそのままで血痕が残っている物もあるそうです。

今現在も、事件から逃れられた人たちはそのまま住み続けていますが、当時を知る方はほとんどの方が口を閉ざすそうです。

そして帰る際は、無念の死を遂げた人ばかりで今でもあの集落には怨念があり、近づいてしまったのなら裏山にある27個のお墓へお参りをし、後日念の為に御払いに行った方がいいそうです。

その裏山にある27個のお墓には、この事件を扱った本に記載されていた実際の名前が彫られているそうです。

本当に事件のあった場所だけに、遊びでは近づかない方がいいように思います。


宮城県仙台市にある心霊スポット「八木山橋」地元民には有名な○〇名所

私が今回紹介する心霊スポットは(八木山橋)です。

仙台市にある橋なのですが、通称自殺橋ですね。

近くには大学や遊園地、動物園、また伊達政宗像がある青葉場などがありそういった場所ではないように感じるのですが、近くまで行ってみると雰囲気が一変します。

まず橋付近に行くと夜は真っ暗で、橋には自殺者が多いからか橋から下に落ちないように赤色?のような高い竿がたてられていてとても異様な光景です。

実際に私も何度か車で通ったことがあるのですが、通るときは息も苦しくなるくらい怖いですし、よく通り過ぎるまで目をつぶっています。

私の友達の話では、この八木山橋の近くの大学に通っているので毎日この橋を往復しなくてはいけないということなのですが橋の中心に女のひとのような影が見えたり、後ろからたたかれるような感覚がしたりと毎日怖い気持ちがあるということでした。

ここの心霊スポットはテレビでも紹介されるほどに人気な場所なのですが、私は別な場所に心霊スポット巡りをしたことがありますがそういったところとは違って、簡単に心霊スポットとしていくほど軽いものではないと、ここはもう雰囲気から違うなと私は感じます。

霊感のない私でも恐怖を感じるような場所なので行くかたは気を付けてください。


和歌山県の心霊スポット「恐怖のトンネル」車に付いた無数の手の跡…

私が住んでる所は言えば田舎です。

その田舎よりも山を車で20分ほど上がったところにトンネルがあります。

そこのトンネルは小さい頃から大人にあそこは危ないから絶対に行ったらあかん!と言われてました。

小さいながらにおばけ出るんかな?くらいの認識でした。

私が高校生になった頃、友達や彼氏の数名で夜中車でそのトンネルに興味本位で行きました。

言ってすぐ小さなトンネルを見つけて車を皆でおりてみました。

特に私や彼氏には何も無かったのですが…友達が急に気持ち悪いと言い出し、着いて5分ほどで帰ることにしました。

友達はずっと気持ち悪い…何かいる気がするっと言ってました。

その後全員車に乗り込み発進しようとしたらエンジンがかから無かったんです。

友達の彼氏は一生懸命鍵を回しエンジンをかけようと何度も何度も繰り返しますが…つきません。

すると…友達が助手席の窓を指して『女の人がいる』っと叫びながらいいました。

でも私と彼氏には見えなくて…友達と友達の彼氏はガタガタ震えだして身動きができませんでした。

そこで、私の彼氏が友達の彼氏と友達を後部座席に移動させ車のエンジンをかけました。

今度はかかりそのまま山を降りていきました。

その間も私と彼氏は全く何もなく、友達と友達の彼氏だけがずっとガタガタと震えていました。

そして、山を降りて自販機のところで止まりようやく本当に居たんだ…と確信しました。

車の窓という窓全てに手のあとが付いていたのです。

その後友達に聞くと車が走り出したら周りいっぱい囲まれていたと言っていて…かなりの数の幽霊がいるんだと思いました。

その後そこには近づいていませんが…今でも若い子はトンネルに行っていると耳にします。


青森県の浅虫にある「某ホテル」での心霊体験|心霊スポット

私は青森県出身で、父が霊感が強いせいかわかりませんが、幼少期から不思議な体験が多かったです。(関係ないけど、ゲイです)

高校時代の話、私は青森市内の高校生で、当時付き合っていた彼がいました。

放課後食事を済ませ、いつも通りラブホテルに行くことにしました。

しかし、その日に限って中々入れる場所が無く、ちょっと困っていました。

そこで私は思い出したように、とあるホテルの場所を伝えたんです。

そのホテルは青森市から浅虫という場所に向かう途中にあります。

バイパスと旧道があるのですが、その旧道沿いにそのホテルはありました。

実はこの浅虫という地域、昔から色んな変な噂がありまして、そのホテルにも余り良い噂は聞いていませんでした。

私は守りの数珠を持っていたので、彼にそれを伝え、ホテルに向かいました。

モーテル式のホテルでしたが、部屋に入るなり、自分も後悔しました。

凄く匂うんです。

部屋が臭いというよりは、水臭いというかかび臭いというか、全身に鳥肌が立ちました。

彼は何も感じなかったようで、そのままシャワーを浴びて、いざベッドへ。

しかし、最中も、誰か第三者の視線が気になってしまい、私は行為を止めました。

さっきまでとは全然違いました。確かにいる、バスルームに・・・。

そして私達は服を着て、煙草を吸いました。

守りの数珠を握り集中しながら、出ていく旨を伝えようとしました。

そのときでした。

バキン!!とかなり大きな音がして二人とも飛び上がったんです。

彼に目をやると、彼は灰皿を観ながら震えていました。

灰皿が、真っ二つに割れていたんです。

灰皿といっても、100円ショップのような小さなものではなく、社長室にあるような分厚いものが、割れていました。

人が割るには余程の力がいるようなものでした。

私達は急いでホテルを後にし、そのまま帰りました。

後から聞いた話ですが、あのホテルの一室では、昔殺人事件があって、女性が殺されたんだとか。

私の泊まった部屋かどうかはわかりませんが、もう二度と行くことは無いでしょう


静岡県の伊豆稲取の心霊スポット「廃墟病棟」

実家が伊豆稲取にあります。

伊豆の心霊スポットというと天城が有名ですが、私は伊豆稲取の廃墟病棟に強い心霊パワーがあると思います。

霊感は特別ないと思っている私ですが、伊豆稲取から東京方面への最初のトンネルの入り口には何か嫌なものを以前から感じていました。

自動車免許を取得してから、走り回っていた20代の頃は、日の出ている時間に走っていたため全く気づきませんでした。

28歳で自家用車を所有して、仕事が終わってから帰省する、つまり夜にあのトンネルを通る際に「気味が悪い」と感じ、それから妙な緊張感を感じるようになりました。

特にお盆の近い夏には強く感じ、冬場は全く感じません。

東京方面から夜、走っていき、トンネルの出口になります。

その出口を出ると伊豆稲取に着くのですが、その出口付近には何かがあるとずっと思っていました。

感じ方も人それぞれで、私は夜に出口となる、そこを通過する際。

妻は稲取から帰る際、そのトンネルに入っていく際に感じると言います。

そのトンネルの付近には、昭和初期?まで結核病棟なる隔離病棟があったそうです。

私と妻があまりにも気味が悪く、検索をかけたら見事にのっていたという次第ですから、パワー自体の強さがうかがえると思います。

友人はそこが心霊スポットであることを知っていて、建物まで行ったそうです。

建物から誰かが見ていたと言っていました。

私は一人でお盆に帰省した際、前も後ろにも車が走っていない状態でそこを夜に通り、白装束の影をバックミラーで見て車に衝撃を感じ、「ひえ~出た!」と言ったことが最強に怖かった出来事です。

あの時、エンジンでも止まっていたらマジでやばかったです。

心霊スポットで面白半分で私は行った訳でなく、単なる帰省で走行しているだけなのですから、霊のみなさん、いじめないでください!と言いたかったです。

からかいに来た人にだけ、罰を与えてください。


青森県の有名心霊スポット「〇〇水族館」で写った…|人生で最も怖かった体験

私が小学生高学年のときの話です。

テレビ番組『奇跡体験!アンビリバボー』の心霊写真コーナーにて“青森県の某水族館で幽霊が写る”と話題になりました。

『青森県水族館』で検索するとすぐ出てくる水族館です。

番組内での説明では「その幽霊は地縛霊で、いまでもそこで写真を撮れば写るだろう」と……。

めぐり合わせがいいのか悪いのか、その情報を仕入れた数日後に私の学校は修学旅行に行くことになっていました。

そう、青森県にです。

観光に行く場所のひとつはその水族館。

当時あまり素行がよろしくなかった私と友人は大興奮で録画したビデオを何度も確認し心霊写真の背景を記憶。

修学旅行で地縛霊をカメラに収めてやろうと考えました。

当日、水族館で自由時間になると友人と目当ての水槽へ直行し、インスタントカメラで様々な角度から水槽をバックに自分たちを撮影しました。

これで幽霊が写るだろうとにんまりしましたが、地元に戻って現像するも地縛霊は写らず。

「テレビのガセネタかよ!」と肩を落としましたが、事件は給食の時間に起こりました。

担任から集合写真を渡されたので見ていると、友人の服にテレビ番組で紹介されたのとまったく同じ、青白い顔をした幽霊の姿が……。

教室内は怯えた声が飛び交い大パニック。

私も食事が喉を通りませんでした。

どうやら地縛霊はまだそこにいるようです。


東京都の心霊スポット|武蔵村山市にある三ツ木交差点

子供のころから地元で有名な心霊スポットとして、武蔵村山市にある三ツ木交差点というところがあります。

三ツ木交差点は新青梅街道という大通りにある交差点であり、一見すると心霊スポットには見えません。

しかし、三ツ木交差点で霊を見たとか事故が起きたという情報はよく聞きます。

三ツ木交差点は昭和49年に22歳の女性が交通事故で亡くなっています。

有名な話で、タクシーの運転手がその女性を乗せたがいつのまにかいなくなっていたというのがあります。

この話がきっかけで三ツ木交差点は心霊スポットして有名になっています。

また、三ツ木交差点にはお地蔵さんが建てられており、これも心霊スポットとして話題になる原因のひとつになっています。

私はときどき三ツ木交差点を車で通過しますが心霊スポットという雰囲気ではありません。

実は、一昔前までの三ツ木交差点の角には林があり、少し不気味な雰囲気が漂っていました。

それもあって私の幼いころは三ツ木交差点に行った友人から、霊を見たという話をよく聞いていました。

しかし、今はその林が畑になっています。

あとその畑と逆の角にはコンビニができており、現在の三ツ木交差点は昔ほどの恐怖を感じる場所ではなくなっていると思います。

お地蔵様はコンビニの広い駐車場に接する感じに建てられていますがお地蔵様は小さいのでパッと見はどこにあるのか分かりにくいです。

新青梅街道は夜にスピードを飛ばして走るバイクや車たまにおり、交通事故がたまに発生しています。

昭和49年に22歳という若さで亡くなられた女性がいたということを意識し、常に安全を優先した運転を心掛けてほしいと思います。