「 心霊スポット 」一覧

香川県にある有名な肝試しの名所「首切り峠」|心霊スポット

私の出身は徳島なのですが、少し遠出して香川方面に遊びに行く時、通る道に「首切り峠」という峠があります。

地元では有名な心霊スポットなのですが、昔はその名の通りお侍さんが首を切られる場所だったそうです。

供養の為に首斬り地蔵を設置されているものの霊を見る人が絶えません。

その通りには何も無く木が鬱蒼と茂っていてその中に突然、公衆電話と外灯がポツリとあり、少し不気味な雰囲気です。

日暮れにその道を通ると無念に死んでいったお侍さん達の呻き声が聞こえる。

首の無い侍の霊が追いかけてくる。

走る車の前に突如現れる侍の霊など…。

コレはお侍さんと全く関係ない話ではありますが、辺りに車もなく、公衆電話の中に泣いて電話をかけている女が見えて心配して声をかけようとすると消えてしまい呪われるなど、少し取って付けたような怖い話がポツポツあります。

私は、あるはずの公衆電話が見えなかった日がありました。

一緒に同行した人達は確かにあったというのですが、私が何か勘違いしたのか、何故か見えない理由でもあったのか…結局事実はわかりませんが、呪われて死んだり、行方不明者がでるような激ヤバ心霊スポットでは無いので、ちょっと不思議な体験をしたいのなら丁度いい心霊スポットかも知れません。


新潟県角田浜の廃墟「ホワイトハウス」|心霊スポット

紹介するホワイトハウスは、新潟市の角田浜にある心霊スポットです。

森の中にポツンとありますので、それだけでも不気味な雰囲気を醸し出しています。

この近辺に住んでいる方々だけでなく、近隣市町村やもしくは県内全体にも知れ渡っているくらいの心霊スポットかもしれません。

友達と一緒に、興味本位で訪れたことがありますが、なんとも言えない不気味さになっていました。

ハウスというくらいですので建物なのですが、すでに廃墟。

中は荒れ放題です。

建物自体としてはとても小さく、その小ささが余計不安をあおって来ます。

現在は窓も破られ、落書きもたくさん書いてあったりしていますが、周りの草木の手入れがされていないため、草木が建物を覆い隠そうとするくらいの勢いになってきています。

昼間は光があるため、それほどの怖さは感じませんが、夜中に行きますと周りには照明が何もないため一気に恐怖感が増してきます。

二階建てなのですが、二階への階段はすでに壊れており、無茶をすれば登れるかもしれませんが、私は挑戦しませんでした。

この小さな建物は何のために作られたのかは定かではありませんが、どうやら誰かを監禁するために作られたという話みたいですが、真実はどうなんでしょう。


北海道で人知れず滝行が行われる「平和の滝」|心霊スポット

北海道の大都会の札幌の片隅に有名な霊場があり、そこは西区、平和の滝という地名です。

ここには、手稲の矢かから流れ落ちる滝があり札幌には珍しい霊場です。

日に寄っては、滝行を行っている人もいる所で、近くには、滝行をする人たちの小屋があります。

周りはうっそうとした林に囲まれた場所で、西区西野の方から来ると果樹園などがあるが、滝に近づくと昼間でも薄暗い独特の空気が流れている感じがする霊場です。

その滝の上にも滝はあるようだが、細い、獣道みたいな物があり、そこに向かうのは、中々勇気がいるだろう。

そういう場所なので、夜になると、一層、空気が変わる感じのする場所です。

若い人が肝試しに来ることもあるらしいのですが、ここにも、幽霊らしきものを見たものは、大勢いるようです。

ここの霊場は、色々な宗派の方が滝行に利用しているようで、霊的なものを感じやすい場所なのだと思われます。

そんな場所が200万都市の片隅にひっそりとあるのです。

ただの肝試しなどの様に、遊び感覚では行かない方が良いと思います。

霊場ですからちゃんとした気持ちを持って敬意を示さないといけない場所ですから。

行くにしても、それをしっかりとわきまえて行くことが大切だと思います。


福岡県で殺人事件があったと噂の「仲哀トンネル」|心霊スポット

私が知っている心霊スポットは、仲哀トンネルです。

福岡県の行橋市と田川市の香春を繋ぐトンネルなんですが、ここは新トンネルと旧トンネルの2つのトンネルがあります。

特に今回心霊スポットになるのは、この旧トンネルの方です。

昼間は近くにある新トンネルの交通量が多いためあまり心霊スポットという感じがしないのですが、夜は交通量もめっきり減り、ものすごく禍々しい雰囲気を醸し出します。

街灯が極端に少ないのも雰囲気が出る理由の1つかも知れません。

そして、旧トンネルです。

ここは以前に殺人事件の現場にもなった場所という噂もあり夜になるとものすごく禍々しい気を放っています。

今は封鎖されていて、周りに何もないので昔は暴走族などのたまり場になっていたようですが、今はそれすらできないほどの状態になっています。

夜に近くまで行ってみるとわかります。

非常に状態が悪いです。

近くによるだけで全てを持っていかれそうな感覚に襲われます。

なので、このスポットに行く場合は昼間に限った方がいいと思います。

夜に行くと本当に何があっても保証できません。

特にトンネルの中に入るのはやめた方がいいと思います。

私は入ってないのですが、明らかによくない雰囲気を感じます。

これが私が知っている心霊スポットです。


霊感のない人間でも「ヤバイ!」と感じる熊本県熊本市の田原坂公園|心霊スポット

熊本市で有名な新霊スポットは田原坂公園です。

現在はツツジや桜の名所として有名ですが、敷地内に西南戦争の資料館や慰霊碑がある遺跡で、国の史跡に指定されている場所です。

私はまだ行ったことがないのですが、「出るらしい」「ヤバイ」といった話を聞いたことがあります。

霊感はほとんどない私ですが、絶対に行きたくないと思ったエピソードがあります。

私は温泉と運転が好きで、時々玉名までドライブがてら温泉に入りに行くのですが、田原坂公園の前を通っただけで身体の半分が冷たくなります。

左に田原坂公園があれば左半身が、右にあれば右が冷たくなる、といった感じです。

それは同乗者の友人や家族とおしゃべりに夢中になったり、運転に集中したりしていても、急に身体の半分が冷たくなるので「今田原坂の入口通過したでしょ?」と分かります。

同乗者は私がよそ見しながら運転しないと知っているので、なぜ分かったか不思議がりますし、分かった理由を答えると怖がります。

5月に久々に玉名温泉へ行った際、同乗者にナビをお願いしながらいつもと違うルートで行ったため、田原坂公園を通るのを知らずに運転していたのですが、いきなり右半身が冷たくなり、肩が重くなったのでもしかしてと思ったら、やはり田原坂公園入口を通過したからでした。

肩の重さはしばらく続いたので、玉名に着いてから神社に寄って参拝したら、気持ちが楽になったからか随分良くなりました。

やはり怖い場所だなぁと痛感しました。

霊感のない私でも、通っただけで何かを感じる田原坂公園。

肝試しが好きな霊感をお持ちの方は、きっと楽しめると思いますよ!


岩手県の3大心霊スポット「大槌町」「釜石市の笛吹峠」「慰霊の森」

震災後から沿岸地区は心霊スポットと言われています。

私の地元の大槌町では、山に逃げる集団が夜中に何度も目撃されたり、亡くなったはずの親戚が見かけられたりと、今は目撃情報も減ったものの夜になるとやっぱり集団が見えるみたいです。

釜石市で笛吹峠と言うところが地元では有名な心霊スポットでした。

夜に車を走らせると髪の長い女の人が道に立っているとか、山から笛を吹いているような不気味な音がすると知り合いから聞きました。

岩手県で最も有名なスポットは慰霊の森です。

ネットでもここはかなりヤバイいわく付きの場所と紹介されているのを見たことがあります。

また、実際肝試しに行った友人もいます。

その友人の話ですが、明らかに森に入ると重苦しい空気になりいかにも幽霊かなにか出そうな雰囲気になったそうです。

気にせず慰霊碑がある所まで行こうとすると、青白い火の玉が見えたらしく急いで車に戻り人通りの多い場所まで戻ってみると、車に沢山の手形が着いていたそうです。

その後、友人は原因不明の熱が出て入院になりましたが今は元気です。

友人と一緒に行った人は怪我をしたらしく、慰霊の森に行ったのが原因だと友人と一緒にお祓いをしてもらったそうです。


福島県にある訳あり物件「横向ロッジ」|心霊スポット

福島県の横向峠にある「横向ロッジ」は、全国的に有名な心霊スポットです。

昔、横向ロッジで火災があり、数人の方が亡くなり、そしてオーナーとその家族が発狂して自殺したと言われています。

今も建物は残っていて、すごく独特な雰囲気を醸し出しているので、一目見て訳あり物件とわかります。

外観は立派なのですが、地元の若者たちが肝試しに訪れているからか、壁には落書きがされています。

建物の中は当時のまま残っており、テレビや布団が無造作に置いてあるのが怖いです。

そして、地下にある温泉浴場も桶と椅子がそのまま残されています。

もう何十年も放置されているので、至るところに穴が空いています。

特に客室前の廊下には、大きな穴があるので、もし訪れたときは落ちないように気を付けてください。

そして、幽霊が出ると言われている場所がボイラー室です。

以前、友達とここへ肝試しに行ったときにボイラー室で動画を撮ったのですが、点滅するものやライトもないのに光っているものが映っていました。

私のようにボイラー室で怪奇現象を見た、聞いた人はたくさんいます。

福島県内で一番有名な心霊スポットなので、もし夜中に訪れるときは、ヤンチャな若者たちと遭遇しないように気を付けてください。

暴行など何か犯罪に巻き込まれる可能性もあります。


東京都府中市の「東京競馬場」と「多磨霊園」の祟り…|心霊スポット

私の地元は府中なのですが、ここには知っている限り2箇所の心霊スポットがあります。

府中といえば有名な東京競馬場と多磨霊園という墓地です。

何度か聞いたことがあるのですが、魔の第3コーナーといって騎手や馬に事故が多発している場所の様なんです。

ここにあった放送に邪魔だという理由で切られたケヤキの木が原因ではと言われています。

お墓が近くにあったらしく祟りではと怖がる競馬ファンが多いって話でした。

切った人が急病や急死しているので本当にあるのかもしれないですね。

残っている木も移転を拒んでいるようです。

次は多磨霊園ですが、名前の通り墓地なのでその手の話は多いですね。

霊園の中に道路があってバスが通っていますがこのバスを夜中も待っている女性がいるとのことです。

昼間に行った時は緑が多くて穏やかな雰囲気なのに、気持ち悪いって言う人もいました。

バス停で待ってたら一緒に誰か乗っちゃうのかもしれないので、明るくても要注意です。

その場所を撮っていた監視カメラには、女性を迎えに来たバスが映ってたらしいですよ。

他にも数人いたみたいですがどこに行くんだろう。

府中は何かと工事をしようとすると歴史的建造物がよく見つかるので、色々な物を犠牲にして成り立っているのかもしれないですね。


岩手県で呪い祟りの噂が絶えない「人首」|心霊スポット

私の実家からさほど遠くない場所に「人首」という地名の所があります。

田舎の地域で、牛が散歩する位のどかですが、昔から祖父母に「あの地域にはなるべく行くな、特に夜は出歩くな」と言われていました。

その地域では知ってる人も多いですが、そこは戦があった時の落武者の首斬り所です。

そして、落武者が人首の村を作った時に一緒にいた妻は犯され子供は殺された曰く付きの場所です。

村の丁度真ん中辺りに、赤ん坊位の大きさの石が祀られています。

祀られているといっても何かに覆われているわけでもなく、そのまま地面の上にポツンと置いてあるだけで、石には「祟」の字だけが彫られています。

この石をよけようとした人はいたみたいです。

ですが、悪ふざけをして石を蹴った人は足を切断、持ち上げようとした人は自分で包丁を持ち出してきて切り落としたと聞きました。

祖母が実際に見たのは、農作業中に石に腰掛けてた近所のおじさんが3日後に野犬に食い殺された所だと話してました。

祖母が見た時は半分ほど食べられた後で、そのおじさんだと身元が分かるのに時間がかかったそうです。

誰も近寄らないようにと囲いをしても何故かすぐに壊れてしまう為、現在はそのままです。

面白半分で近寄ってくる人を待っているのかもしれません。


千葉県いわくつきの「旧市街地の一本道」|心霊スポット

今では千葉ニュータウンを中心に東京へのアクセスも便利な街並みを新市街とかつてはJR成田線沿線を中心に栄えた旧市街を擁する千葉県印西市

ちょうど新市街を象徴するような日本では最大級の面積を誇るホームセンターの裏手から旧市街に抜ける一本道

ホームセンターの裏手にはスイミングスクールや地域の学校へ給食を運ぶ給食センター映画館等がありやや人気のある場所ですが旧市街に向けて10分も歩けば辛うじて道は舗装され一見高台のようになっているが軽自動車が行き違うだけで結構一杯一杯なほどに道は狭く4階建のビルぐらいの高低差はあろう下は見渡す限りの水田と畑、無いと困るので申し訳程度に付けた貧相なガードレールがある高台というより崖っぷちになったような道を抜け道の左右を鬱蒼とした覆う緩く長い下りの坂道を抜けるとやっと民家が何軒か見えるような淋しい道があります

その淋しい道の辺りに点在する結構大きめな農家はかつてその地域では大変に栄えていたような話を聞きますが跡取りが事業に失敗したのか遊んで持ち崩したのかえらい借金を作ったとの事で首を括ってしまったという話でした

その後その農家は没落し農家のあったその場所で商売を始めようとすると火事盗難等の災難に遭い最後にその地に住んだ家族は強盗に押入られて殺害されたと聞きます

自分が中学生ぐらいの時にはその道から少し離れた場所に語られていた家があった廃墟が遠目に見えましたが今はどうなっているのか

ひょっとすると幼い我々が人気の無い淋しい場所に立ち入って事故や事件を起こしたり巻き込まれたりせぬように大人が言い包めた事かもしれませんが遠目に見えた廃墟は確かに何やらモヤッとする気持ちの悪い雰囲気を醸していましたしその場所から2km圏内にはかつて火葬場として使われていた目撃談をよく聞く場所戦没者の霊が徘徊すると言われる老人ホームグランドで上半身の無いランナーが目撃された中学校そして地元のヤクザに一家皆殺しにされた家と呼ばれる空き家等が点在しているので嘘ではないのかもしれません

但し現在は開発により交通事情が変わったその道は国道県道市道といった類の道ではなく地域に住んでいるお宅のみが使うような生活道路となり通り抜けが出来ず道の途中で道路が寸断されていると聞きます