身の毛もよだつ怖い話「ベッドの下の男」【実話】

スポンサーリンク

あれは思い出したくもありませんが、
私が大学に入って二カ月ほどたったころのことでした。

私は、この春に見事試験に合格して、
自分が入りたかった大学に入学することが出来ました。

そして、親と一緒に住んでいた実家を離れて、
東京でこれも夢だった一人暮らしをすることになりました。

不安も多かったですが、
やがて大学にも一人暮らしにもなじんできました。

そんなころ、
昔からの親友の智美が自分のアパートに遊びにくることになりました。

お互い、
同じ東京のが大学に進学したのですが、
入学してからは、二人とも忙しかったので、
会うことが少なかったのです。

そんなこともあって、
私は久しぶりに智美が、
遊びに来ていることをとても楽しみにしていました。

その日、智美は約束通り、
私のアパートへやってきました。

しばらく会っていないように思えましたが、
2カ月前まではよく遊んでいたので、
全く変わっていない智美になんだか安心しました。

「こんにちは、由香。久しぶりだね。」

「うん、智美も久しぶり。さ、部屋にあがってよ。」

私はこころよく、
智美を部屋に上げました。

早速、おやつの代わりに準備していたお菓子とお茶を入れて、
智美とおしゃべりを始めまし恵田。

二カ月ぶりといっても、
二人とも別々の大学に入ったので、次から次へと、
話が止まりません。

どんな勉強をしていうrのか。

どんなクラブに入ったのか、
友達は出来たか、かっこいい男の子はいるか、
などなど、話題には不足しませんでした。

「あ、もう夕食の時間だね。

ねぇ、由香。

この偏にどこか美味しいお店ないかな?」

「そうだね、最近パスタのおいしい店を発見したから、
そこに行ってみようか?」

「いいね、そこにしよう。」

私と智美の二人は、いったん部屋を出て、
アパートからそれほど遠くないイタリアンのお店に行きました。

そのお店のパスタはおいしくて、
智美とのおしゃべりはますます盛り上がるばかり。

結局、お店を出た時には、かなり遅くなっていました。

「もう、こんな時間になっちゃったね。」

「うん、いろいろ話したもんね。

由香が言った通り、お店のパスタもとっても美味しかったから。」

智美もお店を褒めてくれて、
私はなんだかうれしくなりました。

「やだー、私そろそろ帰る電車の時間だ。」

智美は腕時計を見て、
ちょっと焦っていました。

電車に乗り遅れてしまうと、
帰れなくなってしまうからです。

「ねぇ、智美。

明日何も予定がないなら、

私の家に泊まっていきなよ。」

せっかく遊びに来たのに、
このまま帰ってしまうのも、
なんだかもったいない気がした私は智美を呼び止めました。

「そうだね。明日はお休みだし、
由香の部屋に泊めてもらおうかな。」

話が決まったところで、
また二人で私の部屋に帰りました。

それからも二人の好きなテレビを見たりして、
眠くなったので、二人とも寝ることにしました。

私は自分のベッドで寝て、
智美はベッドの横にお客さん用の布団を敷いて、
電気を消しました。

私は智美と話しつかれたのか、
すぐにウトウトし始めました。
そして、電気を消して10分ほどたった頃でしょうか…

ゆさゆさと、友井が私の体を揺さぶったので、
目が覚めました。

「ねぇ、由香、コンビニいかない?」

私を急に起こしておいて、
そんなことを智美が言い出しました。

「うーん。智美、いきなり何言ってるの?」

私は急に起こされたので、不機嫌そうにそう言いました。

しかし、智美は私をゆすりながら

「いいじゃん、行こうよ、コンビニ。

私、急にアイスが食べたくなっちゃった。」

「一人で行けばよいじゃん。

それにコンビニなら、さっきのイタリアンのお店の、
3つとなりにある…」

「いいから行こうよ。ねぇ由香。」

私の話をさえぎって、智美は更に言いました。

コンビニの場所なら、
智美も知っているはずなのに。

智美がこんなわがままで、
自己中心的な人だとは思いませんでした。

大学に入って少し変わったのかな。

そんな風に私は思ってしまいました。

まぁ、近所のコンビニだし、
すぐに戻ってまた寝れば良いか。

「しょーがないなー。

コンビニでしょ?

行きますよー。」

「本当?ありがとう。」

私はしぶしぶ、
智美の我がままに付き合うことにしました。

そして、二人で部屋を出て、
アパートの階段に降りると、
突然、智美が私の手を握り、
急に走り出したのです。

私は驚き、
そしていい加減、
智美の行動に対して怒りが湧いてきました。

「智美、さっきからひどいよ!
それにコンビニはこっちだよ。
そっちは、駅の方角だよ。」

いきなり起こされたり、
一緒に走らされたり、
私ももう我慢の限界でした。

「大きな声を出さないで。
今から駅前の交番に行くの。」

「え?交番?なんで?」

そして、智美はこう私に言いました。

「だって…私見ちゃったの。
由香のベッドの下に、
包丁を持った男が隠れているのを。」

その瞬間私はゾッとしました。

そして、二人で交番に行き、
智美が事情を説明。

その男は逮捕されました。

もし智美が起こしてくれず、
二人とも寝てしまっていたら、
きっとベッドの下に隠れていたその男は私たちを…

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする