恐怖の実話「悪夢バラバラの家族」

スポンサーリンク

これはすべて実話です。

僕が中学3年生のころのこと。

私は、父母と小学校低学年の4人家族でした。

その日は大みそかで、
紅白歌合戦も終わり、良い初夢を願い寝ました。

しかし、

内容は覚えていないものの、
悪夢にうなされ、真夜中に起きてしまいました。

脈は激しく、脂汗が全身から吹き出し、
冷や水を背中から浴びせられたかのように硬直していました。

「新年早々、悪夢なんて最悪だ。」

喉が渇いたので、
冷蔵庫に行くためリビングを通ると、
なぜか僕以外の家族が全員抱き合い、
テレビの前に座っていました。

時刻はおそらく深夜2時過ぎ。

リビングのテレビはつけっぱなしです。

音が出ていないので、
無声でテレビが付いていました。

しかも、部屋の窓は全て開けっ放し。

部屋は凍えるように寒くなっています。

この異変を見て、
ゾッと寒気を感じずにはいられませんでした。

「何やってんだよ?頭おかしいだろ。」

恐怖を怒りで隠すかのように、
僕は怒鳴ってしまいました。

弟はなぜか泣き出してしまい、
両親は無表情で何もしゃべらず窓を閉め、
テレビを消しました。

泣いている弟に、

「もう寝なさい。」

と促し、寝室に連れて行きました。

新年早々、意味が分かりません。

気味が悪くて、
その後は寝られず、
朝まで漫画を読んでいました。

朝になり、

「昨日のアレ何?」

と、両親に尋ねると、

「は?」という返事。

昨夜の無表情と、
今の怪訝そうな顔の差が
あまりにも不可解で、
まるで怪談話でも聞いているかのような感覚でした。

それからしばらく経ってからのこと。
また、悪夢で真夜中に目が覚めました。

今度は微妙に内容を覚えていました。

見知らぬ人に、
僕が後頭部を殴られる夢でした。

起きた後も、
つむじの辺りがジンジンと痛みました。

そして、なぜか頭の中に

「コンビニは安全」

という、意味不明な言葉が浮かんできたのです。

「幽霊に襲われた。」

という考えも頭の中を駆け巡りました。

起きてリビングに行ってみると、
夕食が焼肉だったせいか、焦げた匂いがしました。

そして、
新年に起きた、
あの薄気味悪い思い出も、
脳裏をよぎりました。

そんなこともあり、
その日は、またもや眠れませんでした。

再び時は経ち、二月になりました。

そして、二月になると、
僕の体が異常に痒くなってきました。

乾燥肌だろうと、
気にしていなかったのですが、
背中と頭に焼けるような感覚が出てきて、
ガリガリとかきむしってしまいました。

その痒みは日に日に酷くなり、
皮膚科に行き、薬を貰いました。

そして、
その薬をお風呂上りに塗っていると、
弟が

「僕にも塗らせて」

と言ってきました。

弟に背中を向けると、
なぜか弟は

「バチーン」

と音が鳴るほどに、
僕の背中を強く叩きました。

「ふざけんな!」

そう僕が怒ると、
なぜか弟は声を出さずにも、
ポロポロと涙を流していたのです。

しかも、おかしなことに、
顔は色味を失ったかのように白黒映像。

表情もなく、涙を流していたのです。

「なんだこれ?気持ち悪いな。」

そう思いながら、
両親の顔を見ると、
両親もなぜか無表情でポロポロと涙を流していました。

そして、両親の口元を見ると、
パクパクと微妙に動いていました。

よく見ると、
何か言葉を発しているような。

でも、何を喋っているのか、
良く分からない。

と、次の瞬間。

見えている景色が全て真っ赤になり、
色褪せてセピア色になっていったのです。

そのまま僕の意識が遠くなる。

そこに見えたのは、
見覚えのある風景でした。

「ここはどこだ?いとこの家?」

そばには、深刻そうな顔の叔父が、
僕のことを覗いていました。

僕は全く事態が飲み込めずにいました。

周りにはどんどん人が集まっていて、
もうパニック状態。

すると、声が聞こえてきました。

「記憶がないなら、このままで良いのではないだろうか?」

そう祖父が言うと、叔父は、

「いいや、何があったのか話しておかんとならん。
まだ犯人も捕まっていないし、
近い内に警察の人が来るだろうし。」

そして、叔父から今回のことを聞かされました。

僕の家は、
1月1日に放火され、全焼したようでした。

その時僕は、たまたまコンビニに行っていたので、
助かったようでした。

でも、犯人の顔を見たとかで、
後頭部や全身を鈍器のようなもので、
めった打ちにされたとのことでした。

そして、今の今まで意識を失っていたのでした。
搬送先の病院で生死をさまよい、
叔父の家に引き取られたとこのこと。

もう3月になっていました。
2カ月もの間、記憶を失い、リハビリを続けていて、
やっと記憶が戻ったようでした。

全てを知った僕は、
ただただ泣くしかありませんでした。

今まで見ていた謎の夢が、
ジグソーパズルのようにつながっていきました。
背中の包帯を取った時に分かったのですが、

まだ、青あざが残る背中には、
弟の手のひらの形だけ、無傷でした。

事件から5年経った今も、犯人は捕まっていません。

スポンサーリンク

下記ボタンで友達にこの記事を紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする